扇風機型ハロゲンヒーターの思い出

断捨離

もう6月に入り日中は暑かったりするのにハロゲンヒーターの話でもなのだが・・・10年以上前の冬、家電量販店で扇風機型のハロゲンヒーターを見つけた。扇風機の羽の代わりにハロゲンヒーターが付いたようなやつだ。中国製、破格の1,980円、首も振る。

ハロゲンヒーターか?電気代かさみそうだがワンスポットで使用すれば部屋全体を温めるよりは電気代も安く済むだろう。中国製だがひと冬持てばもとは取れる。新品、保証もついている。購入した。

使用3日目、見事に壊れた。スイッチが入らない!これは修理だ、保証書を確認。メーカーに直接送付?送料購入者持ち?往復3,000円はかかる。さらに、またいつ壊れるかわからない。泣寝入り。おしまい。

1,980円と電車賃に時間をかけて、わざわざゴミを買って来たようなものだ。「安もの買いのぜに失い!」ってこう言うことか?中国か?いい社会勉強になりました。やられたの2度目だけど、中国※。

(※ 因みに、1度目の中国は、6月2日「昔はこうだったけど、今はどうなんだろうか?」の投稿です。)

このブログをご覧いただき、ありがとうございます。きょうも、いい日でありますように!


日々の出来事ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

注)楽天のふるさと納税、私も今回初めて使ってみましたが、注意点があります。普通に申し込むと、現住所(届け先)が住民票の住所(依頼者)とみなされて登録されています。私のように転勤族で現住所(届け先)と住民票の住所(依頼者)が違う人は、住民票の住所(依頼者)を別に登録(変更)してから購入する必要があります。現住所(届け先)=住民票の住所(依頼人)の人は特に問題ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました