院外処方 職場最寄りの調剤薬局にも薬の在庫がない。

日々の出来事

なんと朝の通勤で中程度の右ふくらはぎの肉離れになってしまった。職場最寄りの整形外科医院に行き処置を受け、院外処方箋(有効期間4日間)をもらい自宅最寄りの調剤薬局に行くも湿布薬の在庫なし。

そこで、翌日仕事帰りに職場の最寄り駅の近くのドラッグストアー内の調剤薬局に立ち寄った。院外処方箋を調剤薬局に出すと、何と!やはり処方箋に書かれた湿布薬の在庫はなく、取り寄せになるとのこと。

マジか?少しでも早く薬が欲しい。そうだ、通院した医院のすぐ近くには薬局はないが、職場の帰りのバス停1つ先にドラックストアーがあった。今まで一度も行ったことがないが、きっとあのドラッグストアー(私が診てもらった医院には一番近い)になら院外処方箋に書かれた薬があるに違いない。

しかたなく、今日も薬はあきらめ、明日仕事帰りにバス停1つ先のドラッグストアーに行って見ることにした。まったく、あの整形外科医院は普通にあるシップ薬を出してくれればいいのに、どんな湿布薬出してくれてるんだもーっ!

このブログをご覧いただき、ありがとうございます。今日も、いい日でありますように!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました