北海道シチュー「コーンクリーム」を缶詰コーンで作る。

食事・料理

前回、ハウス北海道シチュー「コーンクリーム」を具をまったく入れずに作ってみた。具が入っていないので、シチュー(具入り)と言うよりは、やはりスープだ。

まさにクノールカップスープのイメージ。でも、クノールカップスープにもコーンと※クルトンは入っていた。ちょっと寂しい気がしたので今回は、北海道シチュー「コーンクリーム」(ルー半分)に缶詰のコーン1缶(200g)だけを入れて作って見た。

鍋で600mlのお湯を沸かし、コーンの缶詰を1缶入れ。5分ほど煮立てる。一旦火を止め、コーンクリームシチューのルー1/2を溶かす。5分間煮た後、牛乳を100ml加えて火にかけて更に5分間とろみがでるまで煮て出来上がり。

おー出来た出来た。コーンが入っているから、どこから見ても「コーンクリームスープ」だ。やはりシチュー(具入)と言うよりはスープだな。まずは、スープだけでいただく。うまい! やっぱりパン合いそうだ。トーストにスープをつけて食べるとするか。(私は、クノールカップスープばかり食べて来たせいか、コーンクリームはシチュー(具が沢山入っているもの)よりスープの方が好きだなー。)(関連記事:具なしで作る普通に作る

※クルトンとは、パンをサイコロ状に切って、もう一度焼き上げたり、炒めたり、揚げたりしたもの。サラダのトッピングやスープの浮き実など、食感や味わい、風味を添える素材として親しまれています。(出典:kazokunocrouton.com)

このブログをご覧いただき、ありがとうございます。今日も、いい日でありますように!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


日記・雑談ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました