イチケイのカラス#11、童話「三人のレンガ職人」

ドラマ等

何のために人は働くのか?答えは、童話「三人のレンガ職人」にある。中世、ヨーロッパの街、旅人が三人の職人に出会って行く、「ここで何をしているのですか?」と同じ質問をする。

一人目の職人は、親方の命令でレンガを積んでいるのさ、と答え不満をもらす。
二人目の職人は、大きな壁を作っているのさ、と答える。家族を養う仕事があることに感謝する。
三人目の職人は、完成までに100年はかかるけど、教会の大聖堂を作ってるのさ、完成すれば多くの信者のよりどころになる。そう答え仕事に使命と誇りを持っていた。

同じ仕事をしてても見ているものが違う。なぜ働くのか、そこを強く意識している人の未来がおのずと大きく変わる。三人のレンガ職人の10年後からして明白だ。

一人目の職人は、相変わらず文句を言いながらレンガを積んでいた。
二人目の職人は、賃金は高いけど危険をともなう屋根の上で仕事をしていた。
そして、三人目の職人は、現場監督として多くの職人を育て、出来上がった大聖堂には彼の名前が付けられた。

童話は、これで完結するが、現実ともなるとそう単純ではない。

旅人:ここで何をしているのですか?
わたし:パワハラ上司に耐えているのさ。私がこのポストにいる限りパワハラ上司の犠牲者が一人は減る。(私の前任者は1年で退職している。申し送りは、たった一言「上司がやばい!」だった)。もう仕事の意義・使命と誇り、どころではない。仕事の意義は社会貢献、きっと何かの役にたってますって!もう、生きてるだけで、せーいっぱい!ですけど。

週末が休みの人達ばかりではないけれど、みなさん本当お疲れ様です。あと一日頑張ろう!
このブログをご覧いただき、ありがとうございます。きょうも、いい日でありますように!


日々の出来事ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

注)楽天のふるさと納税、私も今回初めて使ってみましたが、注意点があります。普通に申し込むと、現住所(届け先)が住民票の住所(依頼者)とみなされて登録されています。私のように転勤族で現住所(届け先)と住民票の住所(依頼者)が違う人は、住民票の住所(依頼者)を別に登録(変更)してから購入する必要があります。現住所(届け先)=住民票の住所(依頼人)の人は特に問題ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました